2020年 8月 5日 (水)

中国人ガイドの目に映る 歌舞伎町の今

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   NHK内外のディレクター5人が2008年末の歌舞伎町を取材した番組「シリーズ ドキュメント 新宿歌舞伎町」。今回は、歌舞伎町に長く関わってきたいう2人の外国人にスポットを当てる。

   「歌舞伎町の案内人」と自称する中国人の リー・シャム(48)は、 歌舞伎町の路上に立って外国人観光客向けにガイドをし、そこでの体験を本にもしている。一方、フォトジャーナリストとして活動する韓国人の ゴン・チョル(41)は、夕方から翌朝まで歌舞伎町などを歩き回り、1日1000回以上もシャッターを切っているという。

   番組では、彼らを通して、変わりつつあるという歓楽街・歌舞伎町の現状を見つめる。

※シリーズ ドキュメント 新宿・歌舞伎町

姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中