2018年 7月 22日 (日)

おくりびとが「受賞」 ネット「事前情報」は何だったのか

印刷

   米アカデミー賞授賞式を直前にひかえた本日(2月23日)の番組では「スラムドッグ」も「ベンジャミン・バトン」も「ウォーリー」も影も形もなく、「おくりびと」一色。映画のあらすじ紹介から、レッドカーペットに立つ本木雅弘ら出演者の様子、ひいては内田家のミニ特集が組まれるなど、オスカー獲得にむけた前祝いの趣だ。

ほー、いいですね

   現地ロスアンジェルスからは、生地をケチったエプロンのようなドレスで正装した三輪敦子リポーターが直前情報を入れる。

   LAタイムズ紙の予想では、有力候補の外国映画2作品をおくりびとが激しく追い上げており、サプライズの可能性もあるのである。また今年の受賞リストがネット上に事前「流出」する騒ぎがあったという。関係者はニセモノだと完全否定してるが、そのリストでは、おくりびとが選ばれていたそうだ。

   おくりびとの評価が高いと聞いて、「ほー、いいですね」と喜ぶ赤江珠緒キャスター。番組を見る限り、今年の「作品賞」はおくりびとで間違いなさそうだ。

   番組終了後、「おくりびと」が外国語映画賞を受賞したと報じられた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中