アカデミー賞「つみきのいえ」 主人公のモデルは…

印刷

   <テレビウォッチ> 「つみきのいえ」でアカデミー賞の短編アニメーション賞を獲った加藤久仁生監督(31)が、オスカーをもってのっそりとスタジオに現れた。みんな拍手、拍手……佐々木恭子が、オスカーに「初めて見るぅ」。

全部見てないんですよ

   本人は、授賞式のときと同じ顔、拍手に応えながらもほとんど無表情だ。いったん席に座ったが、ディレクターにうながされて、オスカーを佐々木に手渡した。

   「重-い」という佐々木から順に手渡し。小倉智昭が珍しく「オーッ」といっただけ。眞鍋かをりは、「アーッ、危ないですよ。落とすくらい重い」と岩上安身へ。岩上は「あ、ホントだ。びっくり」と前田忠明へ。前田がオスカーを上げてみせると、「ダンベルじゃないんだから」と岩上。

   笠井信輔が、「監督、いまどんなお気持ちですか」

   加藤監督は、「まだ、気持ちがおちついてないんですけど、すごくありがたく思ってます」

   授賞式でオスカーを手にしたときのスピーチがよかった。「So heavy. Thank you Animation, thank you my company 『Robo』. どうもありがとうミスター・ロボット」。

   その「(株)ロボット」(渋谷)での加藤を、カメラが追った。マンションの入り口はお祝いの花でいっぱいだ。「びっくりしてます。『笑っていいとも!』じゃないかって」

   仕事場のスペースはわずか2畳ほど。デスクの上にはコンピューターのモニターが2つ。鉛筆をとりだして、「普通の2BとかHBとか、シャープペンのときもある」という。この鉛筆でデッサンして、色付けは全部コンピューターで行う。

   「仕事しながら、グレン・グールドとかビートルズとかを聴く」

   作品のひとつ、「Sony Music」のCMが流れた。受賞作とは違うテーマ、タッチも全く別物だ。同じアニメ作家の野村辰寿が「画力が圧倒的で、どういうところからこういう絵が描けるのだろう」という。

 鹿児島の実家で父親は、「つみきのいえ」の老人に、「お義父さん(監督の祖父)を思い出しますね。ダブってるところがある」。母親も「おじいちゃんの仕草とかが、父に似ている」と。

   スタジオでVTRを見ていた監督も、「まだ30なので、具体的なキャラクターをつくるときに思い出しましたね」

   小倉が、「DVDが売り切れで全部見てないんですよ」

   昨2008年10月24日発売の初版は1200枚だったが、オスカーを獲った後、2日で2万5000枚が売れたという。笠井がこれをボードのグラフでみせたら、「わかりやすいですね」(笑い)

   「監督なんて呼ばれてました?」と小倉。

   「いや、全然呼ばれてないんで、慣れないんですよね。恥ずかしいです」

   高校時代はバンドをやっていた。笠井が「一歩間違えるとテレビ司会者になっていた」

   小倉が「ということは、おれが一歩間違えると、アカデミー賞?」(笑い)

   周囲の反応も、「みんな驚いて喜んでくれて、よかった」とあくまで控えめ。

   静かに光る才能というのを、久しぶりに見た。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中