沖縄の軍用地で金もうけ 県外投資家「大喜び」のいびつ

印刷

   沖縄の米軍基地の土地が、行き場のなくなったマネーゲームの投資対象になっている―こんなショッキングな実態を番組が取り上げた。

   政府が毎年、米軍用地の地主に支払っている「補償」の意味合いの強い「軍用地料」。その額は毎年、確実に値上がりしており、本土復帰以来37年間で9倍になっている。

リーマンショック以降、利殖の対象に

   ところが、相続税が支払えない地主が「軍用地」を手放すケースも増え、そうした「軍用地」が市場に出回って昨2008年9月のリーマンショック以降、本土投資家の利殖の対象になっているのだ。

   麻生・オバマ会談で日米同盟強化が確認されたが、番組は安全保障の要となる沖縄の軍用地の歪んだ実態を放置したままでいいのか、と問題提起した。

   それによると、沖縄の米軍用地の半数は個人所有の土地で、その数は3900人に上り、借地料にあたる「軍用地料」は年間1人当たり223万円という。

   沖縄防衛局は毎年1回、これら地主と話し合いの場を持ち、値上げ率を提示する。この話し合いの現場にカメラが初めて入った。

   沖縄防衛局の担当者が冒頭、軍用地の地主たちに提示したのは、地価が下落傾向にあるにもかかわらず、ほぼ一律1%前後の値上げだった。

   軍用地は本来、法律で基地周辺の地価の動向を反映させ、客観的に決めることになっているはずなのだが、なぜ実勢が反映されないのか……

   元沖縄問題担当首相補佐官の岡本行夫は「軍用地料の値上げはやむを得ない」と、その理由を次のように語る。

「基地は、将来に向かって不安定な立場に置かれていては成り立たない。安全保障という公共のための施設、しかし地元は必ずしも歓迎しないというものには、プレミアム(割り増し)をつけるのもやむを得ない」

   強制的に土地を奪われた地主を納得させるために、国民の税金を使ってプレミアムを付ける必要があることは理解できる。

   しかし、その土地が本土の投資家の利殖対象になっているとなると話は別だ。投資家は、利回りを継続して得るためにプレミアムがつく「軍用地」を大歓迎しているのだから……

軍用地のメリットとは

   では、投資対象としての「軍用地」にどんなメリットがあるのだろうか?

   番組にも登場していたが、「軍用地」を専門に取引している沖縄の不動産会社のホームページをみると、「軍用地メリット」として次のような項目を挙げている。

   1:確実な収入が毎年入る 2:借地料が毎年値上がりしている 3:担保価値が高い 4:法律で土地の評価が低く設定され、固定資産税も安い などだ。

   この不動産会社の社長によると、昨年のリーマンショック以降、株で大損し現物に切り替えようという投資家の購入が確実に増えているという。

地元でお金が回らない

   キャスターの国谷が、番組に出演した琉球大の我部政明教授に聞いた。

「沖縄の人たちは騒音や汚染の負担を日々実感している。取引の1割が沖縄県外の投資家ということについて、沖縄社会にもたらしている変化、影響はありますか?」
「本来、『補償』として国が地主に支払ってきた地代が、県外の投資家にいってしまい、地元でお金が回らなくなってしまっており、基地を抱える沖縄の経済が立ち行かなくなってしまっている」

   我部教授はさらに「沖縄のすべての人が『軍用地』を持っているわけではない。持っていない人との格差が出て、いびつな社会になっている。また、軍用地料で生活できるので、若者の間で働く意欲が希薄になってきている」と、別な問題が出ていることも指摘した。

   基地で翻弄され、基地が出す騒音や汚染に日々負担を実感する沖縄県民。

   そんな悩みと全く無関係の本土投資家が、『補償』で値上がり確実な「軍用地」に投資する。そんな歪んだ構造を放置しておくのは、やはりおかしい。

モンブラン

* NHKクローズアップ現代(2009年2月25日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中