動物園から盗まれた「妊婦」 「今日にも産まれる予定…」

印刷

   <テレビウォッチ> 出来心というには、人の意表をついた手の込んだ犯行にスタジオでは、「価値のあるモノは、盗まれる時代なんですね~」(弁護士の八代英輝)とタメ息がもれた……

すぐ足がつくのに

   果樹園からサクランボ、リンゴ、お寺から仏像、そして今度は……福岡県北九州市の動物園『到津の森公園』、100種類、500匹の動物がいる中から北米産のプレーリードッグ5匹が盗まれた。

   飼育員が朝8時、獣舎に行ったところ、前夜カギをかけておいたドアが開き、窓ガラスが1枚割られ、中にいた9匹のプレーリードッグのうち5匹がいなくなっていた。残り4匹は避難し、難を逃れたらしい。

   盗まれたのは、夫で3歳の「マル」、その妻で4歳の「ミラ」、娘で11か月の「ミライ」と「ミクリ」、上野動物園かやってきた年齢不詳の「チョビン」。

   プレーリーは「草原」の意味で、鳴き声が犬に似ていることから「プレーリードッグ」。立って草を食べる可愛い仕草が人気だった。なかでも妻の「ミラ」は妊娠中。飼育担当者は、涙を流しながら「今日(27日)にも出産する予定で、楽しみにしてくれていたお客も多かった。かえしてほしい」と訴えている。

   動物園の担当者によると、「動物が園の外に出ないよう柵を施してあるが、まさか園の外から入って動物を持ち去るとは想定していなかった。したがって監視カメラは設置してなかった」という。

   犯人はなぜ、500匹のいる動物の中からプレーリードッグだけを持ち去ったのか?

   プレーリードッグは、10数年前のブーム時には5万匹が輸入され、1匹2万円程度で買えた。

   が、伝染病の恐れから2003年に輸入禁止になり、現在は国内で繁殖したもののみ販売が可能という。このため価格が高騰し、今では1匹50万円程度とか。

   司会の加藤浩次が「転売してもすぐ足がつくのに……」に、テリー伊藤が「すぐに転売しないで、子供が生まれたらその子を転売すれば足はつかない」と。

   八代英輝は「動物園から動物盗むなど考えられなかった。価値あるモノは盗まれるということですね、今の時代……」と嘆いた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中