「エロ男爵」沢村一樹の意外な行動 居酒屋のトイレで…

印刷

   <いいはなシーサー>テレビ朝日の「いいはなシーサー」はMCに相田翔子とBEGINの比嘉栄昇を据え、毎回男女1組のゲストを交えてトークを行うバラエティ番組だ。視聴者から寄せられた「いい話」とゲストの「いい話」の数種類の話に加え、比嘉の「いい唄」まで聴けるところが見どころである。

   今回のゲストは沢村一樹と森泉。彼らのキャラクターの強さを考えると、正直ゲストが番組の主導権を握ってしまうのでは? と思っていたが、いい意味で期待を裏切られた。

   今回2つ目のいい話「いい人公園」はおじいさんが公園の掃除を手伝ってくれた子供たちにお駄賃をあげたところ、子供たちはそのお金でおじいさんにお茶をご馳走したというものだ。この話を聞いて感銘を受けた相田は「最近いいことしましたか?」と沢村に無茶振り、沢村はたじろぎながらも居酒屋のトイレをきれいにするという話につなげ、そこに比嘉がおどけた様子で同意し、森が興味深げに笑っていて……何か不思議な一体感を作り出していた。

   沢村の結婚に関するエピソードでは、普段見せているエロ男爵の面影は影を潜め、真面目に語る姿が印象的だった。普段の印象とはかけ離れていたが、こんな沢村一樹も有りだと思ってしまう。

   取り上げられるいい話はどれも本当に些細で、どこにでも転がっていそうなものばかりだが、その分身近に感じられる。比嘉の歌声もやさしく、深夜のバラエティ番組にありがちな、いわゆる「ゆるさ」とは一味違った心地よさで、妙に心地良い。

   夜なかなか眠れないあなた、おやすみ前のひとときにおススメです。

とろろ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中