中川前大臣を後援会が応援 みの「有権者の識見疑われる」

印刷

   <テレビウォッチ>番組冒頭で中川昭一前財務相の地元入り、おわび行脚の模様を伝える。後援会総会に出席した前財務相は、政治生命の続く限り皆さんに助けていただきたい、と訴えたらしい。そして会見で「私の最重要な後援会の総会で、しっかり反省してやれ、ということだった。議員辞職は考えていない」と述べた。

自分はどうなんだ

   体調は回復したとのことだが、事情が事情だけに表情はさえない。

   スタジオの声はやはり厳しい。

   「国や国民、国会にご迷惑をおかけしたが直接的には麻生内閣、総理にご迷惑をおかけした、と言っているけど、話の順番が逆。国や国民にご迷惑をおかけした。その結果として内閣に迷惑をかけたということだ」(末吉竹二郎=国際金融アナリスト)

   「後援会のために国会議員をやっているわけではない。後援会がやれといったからやるんじゃなくて、自分はどうなんだ、ということを語るべき」(杉尾秀哉=TBS解説委員)

   「地元の人は一生懸命、応援していらっしゃるでしょうけど、日本全般的な見方からすると、有権者の識見が疑われるということになってしまう」(みのもんた)

   総選挙が遠くない時期にあるのは確実なのだから、一旦、辞職して出直す方がよかったのでは、と思われるが……。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中