イチロー無安打 みの「全然、不安じゃないね」

印刷
<テレビウォッチ>

   WBC本番を3日後に控えて「侍ジャパン」に元気がない。週末に行われた強化試合で、西武には完敗、対巨人は延長戦で2-1の辛勝。番組内で繰り返されるスポーツニュースの中で、高畑百合子アナが「つなぐ野球が機能せず不安の残る内容となりました」と話す。投打ともに心配なチーム状態でスタートを迎えることになりそうだ。

調整しているんでしょう

   なかでも、チームリーダー、安打製造機イチローに本来の当たりが見られず、打線にブレーキをかけている感じ。本人も「悔しい。結果が出ないとつまんない。6~7割に持って行きたかったけど、なかなかそこまで行けなかった。しかし、時間は待ってくれない。思い切って行くしかない」と不振を認める口ぶり。

   みのもんたは「全然、不安じゃないね。打ち急いでいた。調整しているんでしょう」と心配ないと言うが、ファンとしては気がもめるところだろう。

   バッティングフォームに鋭さがなく、WBCに備えて早くからトレーニングを始めた疲れが出ているようにも思われる。さらに気がかりなのは、視力が落ちたと伝えられていること。年齢的、肉体的な衰えでなければ幸いだ。イチローは、動体視力は大丈夫、と述べているようだが……。本番で心配を払拭してほしいものだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中