「与党の大物」、内閣法制局に質問 「参院議員が総理になるのは問題?」

印刷

   <テレビウォッチ>政治担当のテレビ朝日コメンテーター、三反園訓の出番が増えている。今日は(3月2日)、あちこちで蠢いているものの、大きく盛り上がらない「麻生降ろし」の現状を、楽しそうに解説した。ポスト麻生のターゲットがはっきり定まらない上に、麻生首相自身が「異常なほど元気」(三反園)で、辞めるつもりがまったくないらしい――。

小泉さんのカリスマ消えた

   「笑っちゃうほどあきれた」と、麻生を痛烈批判した小泉元首相がらみの動きも沈静化。「(後継になる)息子は自民党にお世話になるわけですよ。公認を外されでもしたら、たまったもんじゃない。小泉さんは動くに動けない」と三反園。「小泉さんのかつてのカリスマ性は、子供を(後継に)据えたことでいっぺんに消え失せたね」と、鳥越俊太郎は小泉(と世襲)を痛烈批判。

   そんななか、三反園が取材でつかんだ「ここだけの話」。与党の大物が内閣法制局に対して「参院議員が総理になるのは問題ないか」と問い合わせていたという(答えは、問題ない)。これは明らかに舛添要一厚労相を念頭に置いていて、「(舛添に)可能性が出てきた」。

   もちろん、「舛添で決まり」という話ではない。「結末を誰も読み切ってない」「永田町のドラマはまだいろんなことがあります」と言いながら、三反園は顔をほころばせていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中