お散歩番組と地井武男 「ちい散歩」がNHKに「圧勝」な訳

印刷

「ちい散歩」(テレビ朝日) 2009年2月23日 9時55分~

   今や大評判の「ちい散歩」、地井武男といえば散歩か「何とかかんとか喜んで」の保険CMだ。今回は東神田である。神田駅周辺から、江戸の名残りを残す黒門町だの岩本町だの神田紺屋町だの粋な名前の街を歩き、昭和通りを渡って3時間のぶらぶら紀行であった。
   思わぬ店がある。スチールギターの大店、キンキラキンのステージ衣装だけを売っている衣料品店、金属製の手造りアクセサリーを主がコツコツと手彫りしている工房、お玉が池の跡など。歩いていると床屋が散髪している客をほっぽらかして出てきて、地井に声をかける。筆者は数十年、根が生えて東京ばかりに住んできた人間だが、あの界隈にステージ衣装屋があったなんて知らなかった。神田は昔むかしに入り浸っていた雀荘しか関心がなかったから。その店は親父が借金取りからのがれるため香港に夜逃げして潰れたが。
   例えば、NHKが昼時にやる地方の散歩ルポと比べて、「ちい散歩」がはるかに面白いのは、街でゆきずりの人々に対して遠慮もないが図々しくもない地井の人柄が滲み出るからであるが、もう1つ大きな理由がある。当然、事前にスタッフによるリサーチや寄って行く店の目星はつけているだろうが、わざとらしさがないのである。NHKのは、地方のおかみさんたちに揃って前掛けをさせたり、作らせた料理の前で下手くそなセリフを言わせたり、ヤラセと見紛う演出をするので嫌味なのだ。地井のルックスと年恰好が丁度いい。

(黄蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中