2018年 7月 20日 (金)

鈴木拓、ギャラ減 「今回は3分の1となってしまいました」

印刷

   お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が、2009年3月1日のブログで、充実した仕事が出来ているものの、ギャラが減っていることを告白している。

   「なんだか自分で言うのもなんですが最近きている気がしています」。というのも、鈴木のもとにドラマのオファーが来るようになったからだ。まずはNHK「中学生日記」。放送はもちろん、ビデオに録画して何度も見返したんだとか。「今まで自分が出演したドラマで最高の出来でした」。

   また別のドラマにも出演した。ドコモとフジテレビがコラボした携帯電話向けのドラマ。こちらはセリフも多かったし、なんと、初のキスシーンもあった。相手はきちんとしたモデルで、「ドМの僕らしく押し倒されます」とおどけている。

   しかしながら、ギャラは減っていたらしい。「前回も塚ちゃんが入院していた時は六割減となっていましたが今回は3分の1となってしまいました」。そして、給料を奥さんに渡したところ、「少なっ!」と一言。「早く塚地さんに治ってもらわないとウチは生活できないね」とも言われてしまったらしい。

   ただ、ドラマ出演は納得の仕事が出来て満足、誇りを感じている。「僕の波がきているのではないかと思っているのです」。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中