麻生首相「給付金受け取る」 ファイナルアンサー?

印刷

   <テレビウォッチ>麻生首相が結局、定額給付金を受け取ることにした。その理由が「党の提示があったから。生活支援より消費刺激の部分が大きくなった」と、いかにも苦しい。

七転び八起きくらいの…

   そんなことは前々から明白で、何を今さらという感じだ。党・内閣の先頭に立つ人物が本当に政策の中身を理解できているのか、と思われかねない。野党からは「さもしい、それだけ。もともと矜持のない方だから」(民主党・鳩山幹事長)と、首相本人が国会で述べた言葉を逆手に取られる。

   みのもんたは「何なんだあなたは、と言われてもしかたない」と厳しく批判。

   三屋裕子(スポーツプロデュ―サー)も「何でこのタイミングだったのか」と、判断が遅すぎるといった口ぶり。

   与良正男(毎日新聞論説委員)は「この話を1人で混乱させたのは首相自身。自分でこれだ、という芯がない」と語る。

   鳩山幹事長は「二転三転、七転八倒」と、首相のブレを笑い飛ばしてもいたが、それを受けて、みのが「次は七転び八起きくらいの気持ちでないとダメかもしれません」と軽口を叩いた。が、これは悪乗り気味で、締まらなかった。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中