「おくりびと」滝田監督が困った マツコ・デラックスの質問

印刷

「ピンポン!」(TBS) 2009年2月27日 11時~

   TBSのお昼のワイドショー番組「ピンポン!」。2006年10月に社運を賭けて始めたはずがこの3月で終了が決定。いってみればもっか「消化試合」のようなもので出演者のテンションも下がり気味に見えるのは気のせいか。司会は福澤朗とTBSの木村郁美アナ。ほかに金曜のコメンテーター島崎和歌子、マツコ・デラックスらがいた。
   この日の目玉は米アカデミー賞の外国語映画部門賞を受賞した「おくりびと」の滝田洋二郎監督が生出演すること。滝田監督はこの日、「ピンポン!」以外にも「朝ズバッ!」「2時っチャオ!」とTBSの3番組に立て続けに生出演していたが、どこでも似たような質問ばかりされ、見ているこちらも辟易だったが、ご本人もさぞやうんざりしていたことと思う。芸がないというかなんというか。同じ質問しか出来ないのなら合同インタビューでもしてそれをVTRで流せば済む話でわざわざ生出演させることもなかろうに。
   「ピンポン!」から滝田監督への最初の質問はオリジナリティこそあったが別の意味で疑問を持った。巨体のマツコ・デラックスが「私が入れる御棺はあるんですか?」って。そんなこと滝田監督に聞いてどうする!? 「私に聞かれましても」とつとめて冷静に答えていた滝田監督がお気の毒になった。なんでもかんでもおちゃらければいいと思っていたら大間違いだ。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中