吠える武部元幹事長 その麻生批判の「迫力」

印刷

   <テレビウォッチ>定額給付金の財源法案、来年度予算案成立のメドが立ったところで「新しいリーダーによる新しい自民党」を訴え、『麻生下ろし』の立場を明確にした武部勤・元幹事長がスタジオに招かれる。付されたキャプションが「小泉元首相の偉大なるイエスマン」。

   みのもんたに「新しいリーダー像」を聞かれた元幹事長の口から出たのは、「小泉さんみたいな人」。今でも1週間に1度、元首相のもとへ何がなくても報告に行くのだそうで、「小泉さんのいいところは、メッセージがハッキリしていること、ブレないこと、言葉づかいに非常に気を使っていること」と言う。

   そして「もう1つ、小泉さんには外から見えない決めゼリフがある。最後に必ず、休養をとっているか、健康第一だぞ、と言われる。休養をとって健康でなければ、いい仕事ができないということでしょう」と、宰相はかくあるべし、という話を紹介する。元首相をたてる一方で、ブレまくる現首相、へろへろ会見が原因で辞任した前財務相などを痛烈に批判する形になった。

   これだけベッタリでも、定額給付金の財源法案の3分の2議決に欠席する元首相には同調しないようだ。やはり去る者は日々に疎し、か。

文   アレマ
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中