さんまもゲストも空回り これじゃ企画がパーでんねん

印刷

   <テレビウォッチ> アーカイブもの2回目は、フジの「バラエティルーツの旅 あなたがいるから僕がいる 半世紀大感謝祭!!」。さんま司会で、お笑い若手・中堅がズラリと顔をそろえた。加えてゲストも豪華で、錦野旦や萩本欽一、加藤茶・仲本工事・高木ブー、京唄子らが登場した。

   人気の若手芸人をあれだけそろえ、長時間拘束し、大物ゲストも次々呼ぶなどそういう点ではすごい番組だった。フジテレビ、よくぞ集めたという感じだ。金もかかっただろう。

   番組の中身に入る前に、4時間というのはいくら何でも長すぎた。これでは疲れてしまう。さて、スタジオの方は、アーカイブ映像を受けて何かやろうとするのだが、時間が中途半端なのかみんなはじけることができなかった。さんまの持ち味も発揮し切れなかった。みんなもっとしゃべりたがっていた。

   一方、アーカイブ映像の方は面白主義で短いトコだけを次から次に見せた。こっちの方もじっくり楽しむことができずもの足りなかった。4時間もあった割には、あぶはち取らずというか、スタジオ陣の方もアーカイブ映像の方もどちらの魅力も生かせなかった。生放送で仕方ない面もあったと思うが、用意していたのに使えなかった部分もあったようだ。錦野が登場し、若い頃に跳べた高さの走り高跳びをスタジオで再挑戦するとかで、前段に若手芸人が参加する場面がダラダラと続いたが、つまらなくて時間の無駄だった。

   もっとアーカイブ映像をじっくり見せることに力点を置いて良かったのではないだろうか。多くの要素を盛り込もうとし過ぎたようだ。辛口かもしれないが、はっきり言って失敗作だった。これまでのバラエティの流れは分かったけど、「これから」につながる部分が見えてこなかった。というか、むしろ「これから」が不安になる展開だったと言ってもいいかもしれない。

      バラエティのフジ は分かれど 未来に不安

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中