2018年 7月 22日 (日)

テリー「韓国野球、まだまだ幼稚」 WBC敗北「たまたまですよ」

印刷

   <テレビウォッチ>日韓対決、今度は韓国が1‐0で競り勝ち雪辱を果たした。それにしても、あのコールド勝ちは何だったのか……

加藤:やられましたよ~

   3月7日の対決では、リポーターの阿部祐二が夕飯時に都内の日本人家庭をアポなし訪問したが、今度は韓国人家庭をアポなしで「アンニョンハセヨ」と直撃した。

   上がり込んだ阿部が「1回目は負けましたが、今日はどうですか?」に、この家の主人が「今日は勝つんじゃないですか」と。

   で、阿部が夕飯の韓国料理をご馳走になっている間にまず韓国が1点を先取。阿部が「いやーまずい、チジミにうつつを抜かしている間に1点入っちゃったよ~」。

   その後、試合は投手戦となり、この1点が命取りに。それにしてもチャンスに打てない侍ジャパンにはがっかり。

   スタジオでは、司会の加藤が「やられましたよ~、テリーさん」。これにテリー伊藤は「たまたまですよ、たまたま」。たまたまなのはコールド勝ちした日本の方だったのでは?

   侍ジャパンは、試合終了2時間後にはアメリカへ向け旅立ったが、次の対戦相手はB組キューバ対オーストラリアの勝者と。そのあと日韓対決がもう一度ありそうだ。

   評論家の宮崎哲弥が「でも韓国の投手はよかったですね~」に、またテリーが「投手だけですよ。高校生もやらない盗塁ミスをやっていて、まだまだ幼稚な野球を……」と。

   テリーは、対韓国戦になると意識過剰なるのか自信過剰なるのか……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中