「WBC日本敗北」悔しがる鳥越 あの人の声が届いていれば…

印刷

   <テレビウォッチ>WBCで韓国に大勝して喜んだのもつかの間、1次ラウンドの決勝で韓国と再戦した日本は0-1で負け。スタジオでは、韓国に決勝点が入った場面を、鳥越俊太郎が振り返っていた。

その途端打たれたんですよ

   三塁線に沿って打球が飛び、三塁手の村田修一が右に横っ飛びしたが、及ばず――。この直前、鳥越によると、テレビ解説の古田敦也は「村田は、もうちょっと三塁間をシメ(閉め?)たほうがいい」と指摘したという。このコメントでは、どうにも意味が不明だが、たぶん古田は、もっと三塁線寄りを守れ、と言ったのだろう。

   「その途端に打たれたんですよ。間を抜かれたんですよ」。古田(前ヤクルト監督)が見抜いていたことを、なぜ日本ベンチは指示できなかったか。「そこがちょっと惜しかったな」と、腕組みをして、残念そうな鳥越であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中