今井絵理子 「高校生の時、登校拒否になった」

印刷

   女性歌手ユニットSPEEDの今井絵理子が2009年3月8日のブログで、登校拒否だった高校時代を語っている。

   アルバムのプロモーションビデオの撮影で母校を訪れた今井。先生や教室が変わっていないことを懐かしがると同時に、こんな思い出を告白した。というのは、「高校生の時、規則が厳しくて登校拒否になった」というのだ。

   いわく、髪の毛も染めてはいけない、膝下のスカート、指定のソックス――今時珍しいくらい、校則が厳しい高校だったらしい。で、当時、髪は少し茶色に染めていたんだとか。「反抗期だったのでしょうね~(笑)」とおどけている。そうして、こう続ける。

「受け入れてくれなくて、やめようと何度も思いました。
しかし、ある日担任の先生から手紙が届いたのです。
その手紙には先生の愛情が入っていました。
私は涙を流しながら読みました。
そして、再び学校に行きました。
髪の毛を黒く染めて」

   そんな反抗期の今井だったが、学校へ行くと受け入れてくれる先生がいたから、もう一度、頑張ってみようと決意。わけ隔てなく接してくれた先生達には改めて感謝している。「大人になり、規則やマナーなど今では誰も教えてくれない。あの頃に学んでいてよかった」。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中