カーネルおじさんの「お告げ」 鳥越、自信たっぷり解説

印刷

   <テレビウォッチ> 1985年に阪神タイガースがリーグ優勝した直後のうかれ騒ぎの最中、飲食店の店頭から拉致され、川に投げ込まれて行方不明となっていたカーネルおじさんが24年ぶりに発見された。「早く飛んでって、(カーネルに)会いたい」と日本ケンタッキー・フライド・チキン社長も大喜びだが、カーネルさんの生死はいまだ確認されていない。

まだやるのか

   今日(3月11日)も報道陣が100人態勢で見守るなか、バラバラになった残りの部位が捜索され、スパモニもその模様をナマ中継した。

   85年以来、阪神は日本シリーズに勝てず、これは一節によると、カーネルの呪いと噂される。今回の発見で、なにか変化が起きるのか。阪神ファンだという鳥越俊太郎は「まあ、当然日本一でしょう。カーネルおじさんのお告げですから」と自信たっぷり。

   しかし、番組が明日も詳しく捜索の模様を伝える予定だと聞くと、「まだやるのか」とウンザリした声を出していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中