高校中退に見る貧困化 その不気味な広がりと絶望

印刷

   深刻度を増す経済危機の中で起きている雇用悪化。貧困から授業料を払えずに高校を中退する生徒が急増している。

   その数は現在、年間7万人を超える。授業料を滞納している生徒数も、私立高校だけで全国に2万4000人。去(2008)年3月から9月までのわずか7か月間で3倍増に達した。

教科書代に制服、体操着…

   番組は、「雇用だけでなく根が深い」とこの問題を取り上げ、その背景には「親の負担で支えられてきた戦後の教育行政、脆弱な社会保障があり、早急な抜本的な組み替えが迫られている」(小宮みち子放送大教授)と問題提起した。

   山梨県や鳥取県で今春、晴れの卒業式で滞納を理由に卒業証書が手渡されなかったり、手渡された卒業証書が回収されたりするケースが相次いだ。

   所得が低い家庭の生徒を救済する制度は、あるにはある。奨学金制度だが、それには限界があるという。

   公立高校の場合、初年度平均で教科書代が年間11万円かかる。公・私立高校とも、収入の低い家庭はこれが免除されるが、かかる費用はこれだけではない。

   制服代、体操着代、修学旅行の積立金など年間35万円ほどが加算される。しかもこの分の支援はない。もし奨学金を受けられたとしても、穴埋めできないのが現状という。

   また、奨学金を受けるには前年の親の年収、成績などの条件があるうえ、返済が義務づけられており、高すぎるハードルの問題もある。

   しかも、「高校生の中途退学は今に始まったわけではい」と、青年社会学が専門の小宮教授は次のように指摘する。

「10年ほど前から子供を持つ家庭の経済状態がじわじわと悪化して高校中退が増えてきた。それが昨年秋の経済危機によって目に見えるようになった」

仕事に追われ学ぶ意欲失う

   埼玉県立高校を中退していった教え子たちのその後を見守り続けている教師がいる。

   教師によると、入学したとき201人だった生徒が、2年前に迎えた卒業式では120人に激減していた。なかには半数以上が中退したクラスもあったとか。

   教師がそうした教え子に電話すると、中退すればさらに厳しい現実が待っていて、貧しさからくる無気力、孤立感、将来に希望が持てない刹那的な思いが返ってくるという。

   例えば2年進級を前に中退を余儀なくされた女生徒。母親が2つのパートを掛け持ちし月収14万円でやりくりしていた。その母親が過労で倒れ、やむなく中退。

   教師が、アルバイトをして生活しているというその教え子に電話した。返ってきた言葉は「アルバイトに追われているうちに学ぶ意欲を失った」だった。

   教師は「昔も中退する生徒はあったが、今は、昔と全然違う。貧困の程度が非常に強くなっている」という。

   こうして中退した生徒のほとんどが正規の職に就けず、不安定なアルバイト。しかも、これまで学歴が問われることはなかったアルバイトが、最近は高校中退を言うと面接をしてもらえないという。

   どこからも救済されずに満足に教育を受けられない子供たちが増えていく社会。貧困が教育の機会均等を奪い格差を増長させる社会。首相が「NO2の経済大国」と意気がっているが、現実はそんな構図になっている。

   畠山智之キャスターの「一時金的に救済しても問題は解決しないということですか?」という問いに、小宮教授は次のように答えた。

「この経済危機が問うているのは、戦後の教育の在り方、親の負担によって教育が行われてきた制度を変えねばならないということだと思う」
「少子高齢化の中で貴重な人材である若い世代を大切に育て、彼らの人生を保証する。そのためには、社会が十分な教育投資を行う方向に変えていく。それをしないと将来に負の遺産を残すことになる」

モンブラン

   * NHKクローズアップ現代(2009年3月11日放送)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中