「解散」アヤパン・中野アナコンビ 上司が下した決断の真相

印刷

   CDデビューを目指し、歌の練習を重ねていたもののあっさり「解散」が発表された、フジテレビの高島彩アナ(30)と中野美奈子アナ(29)の「Early Morning」。2009年3月16日未明、番組「アナ★バン!」の中で、先週「解散」を告げた2人の上司、福井謙二アナがその真相を説明した。

   「解散」の理由については、アヤパン高島アナと共に早朝の「めざましテレビ」担当だった中野アナが、朝の「とくダネ!」担当へ移ることが理由だとしていた。16日の放送では、アヤパンが福井アナ監督のもと、数時間もソロでの録音を強いられる姿が紹介された。

   ところが、1人になってへこむアヤパンに対し、福井アナは「解散発表には訳がある」と突然理由を説明し始めた。仲良しの2人の仲を再確認してもらい、絆を深めてもらいたかったのだそうだ。という訳で今度はコンビ「復活」が発表され、中野アナも登場。2人のCDの発売が09年4月29日に決まったと明かされた。曲は「早朝に働くアラサー(30歳前後)の女性の悲哀と喜び」をテーマにした「おいてけぼりのThirty」だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中