眞鍋かをり 飼い犬に手を噛まれる

印刷

   タレントの眞鍋かをりが2009年3月13日のブログで、飼い犬に手を噛まれたことを報告している。

   08年8月からメスの柴犬「うめ」を自宅で飼い始めた。いつもうめを膝に載せて、おやつの「骨」を与えているのだが、この日は眞鍋がテレビを見ている間に骨が短くなっていたらしく、うめが噛み砕こうと思い切り立てた歯が「運悪く」眞鍋の親指を直撃してしまった。

   突然の激痛に

「痛っっ!」

と「はるな愛さん」のような叫び声を上げてしまったという眞鍋。そして、傷口からは「ボタボタ」と血が流れ、床にはあっという間に血だまりが。大量の血に戸惑い、思考回路がおかしくなっていたそうで、唯一出た言葉が

「うめ… 強いね…」

   「あまりにもすごい力」だったので、思わず愛犬を褒め称えてしまったという。その後もパニック状態は続き、「うめは悪くないよ」を連発。今後は「おやつを食べさせるときは気をつけます」とのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中