「そんなに取材経験がなかった?」 「虚偽証言」放送で鳥越が疑問

印刷

   <テレビウォッチ> 「テレビで仕事をする者として、重く受け止めなきゃいけない」と、重々しく口を開いた鳥越俊太郎。日本テレビの「バンキシャ!」がまるまる思いっきり虚偽の告発証言を放送し、社長辞任にまで発展した件へのコメントである。

きちっと検証して

   「取材の過程で、おいしい情報があると、それに飛びついてしまう」というキシャ心理を指摘。その証言だけで放送して、それがウソだとこういうことになる」

   権力を疑え、がモットーの鳥越だが、疑うのは権力だけではない。善意の権力同様、善意の告発も成り立たないのだ。「本当は証言の裏付けを複数取らなきゃいけない。どういう証拠があるのか、と(略)。ところが、おそらく、この担当ディレクター、キシャはそんなに取材経験がなかったのか、ね!?」

   長年取材してきた鳥越の目には、このキシャの取材はまるで素人的に見えたらしい。いずれにせよ、真相はよくわからないとし、「日本テレビ、バンキシャ!が自分できちっと検証して、事実を視聴者に明らかにしてほしい」と訴えていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中