あなたのキスは全米3位 ばかばかしいけど「上出来」な訳

印刷

   フジテレビの金曜プレステージ。今回はさんま&くりぃむの第2回芸能界(秘)個人情報グランプリ」。ひな檀にズラリとゲストをそろえた。よくもここまで集めたものだと感心した。

   ネタは、デビュー映像や大物との写真、身内のすごい人などの「個人情報」を列挙し、さんまが1位を選んでいくという形で進んでいった。司会の高島彩が抜群の進行のうまさを見せた。余計なことは言わないが、適切なツッコミはするというなかなかのものだった。

   ばかばかしい話が多かった。ばかばかしいってのは大切だ。おぎやはぎ小木が、中学時代からクラブ活動でキスの特訓をして、後に初めてアメリカ人女性とキスをしたとき、あなたのキスは全米3位と言われた、とかそんな話が並んだ。それぞれ笑える話だった。

   テンポもよく軽さがあった。特筆すべきは、過去を紹介する主力映像を、動画でなく写真にしたことだ。動画にすれば時間を食って、スタジオ陣のしゃべる時間が短くなり不完全燃焼になる、という悪しきパターンに陥らなかった。しかし、見ている人たちの「ああ、懐かしいな」という共感は得ることができる。これは意表をつくやり方でうまくやった。成功例だ。よく計算したと思う。

   ただ、終わりの方に出てきた、男の乳首が子供みたいだどうだ、というのはゴールデンとしてはどんなものかという気はした。そこまでネタを広げなくても良いのでは。ともあれ、笑えてうまくいった番組だった。

      意外さと テンポで見せる うまさかな

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中