2018年 7月 16日 (月)

庄司智春 セブンイレブンの買い物にはまる理由

印刷

   お笑いコンビ品川庄司の庄司智春が2009年3月21日のブログで、セブンイレブンで起きたユニークな出来事を紹介している。

   セブンイレブンのキャンペーンでは今、買い物をするごとにくじ引きができる。景品として、庄司の所属事務所である吉本興業とのコラボ企画で、お笑い芸人たちを模したミニフィギュアが当たるそうだ。

   もっとも、庄司はそんなこと忘れていて、普通に買い物、会計をしていたときに「くじひいて下さい」と店員さんに声をかけられたらしい。そして、こう言われた。「当たると芸人差し上げます」。

   「は?芸人差し上げます??」と庄司。内心では「スゲーな!当たったら芸人貰えるくじ引きって」とツッこんでいたとか。そうしたところ、間違いに気付いたと思われるくだんの店員は、レジの横にディスプレイされたものを指差して、今度はこう言った。「こちらのおもちゃ芸人が当たります」。

   「てゆうかミニフィギュアでいいでしょ!おもちゃ芸人って!超安い感じじゃねーか!」とまたしても、ツッコミをいれる庄司。店員の言い間違いが終始、気になってしまったみたいだ。

   いずれにしろ、くじは見事当たって、インパルス板倉俊之のミニフィギュアを手に入れた。が、「自分が出るまで沢山セブンイレブンで買い物しよ」と、意気込んでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中