テリー「韓国に感謝してる」 WBC日本優勝で感想

印刷

   <テレビウォッチ> WBC2連覇を成し遂げた『侍ジャパン』。番組では3月24日昼時、リポーターの阿部祐二と落語家のヨネスケが、『突撃!!隣のWBC』のシャモジを持って、韓国レストランへ。

あんなに明るいんだ

   野球取材そっちのけで韓国料理の注文に余念がない阿部、ただ一喜一憂するヨネスケ……。

   一方、突然の闖入者に迷惑そうな韓国人ファン、それでも9回裏の延長戦突入には一時、盛り上がっていた。

   閉塞感が覆いかぶさる未曽有の不況。だからこそというべきか……番組では、元気を与えてくれた『侍ジャパン』に、街中のテレビ中継に老若男女が狂喜乱舞する姿も……。

   番組はこの後、日本時間25日6時半から始まった『侍ジャパン』の記者会見の模様を。その中でイチローの発言が印象的だった。

   「『侍ジャパン』というネーミングで始まり、それがまずハードルとなりました。サムライが最終的に勝てなかったら格好つかないなと……。優勝という形になったことでサムライになれた。

   個人的には最後まで足を引っ張り、最後においしいとこだけ頂きました。ご馳走さまでした」

   スタジオでは、テリー伊藤は「ボクは韓国に感謝している。日本が強くなったのも韓国がいたせいですよ。韓国が頑張っていなければ、日本はアメリカに負けていたかも……。

   ボクは長嶋時代ですから、この年になって熱くなったのは何十年ぶり。素晴らしいライバルをつくったということも評価していい」と、韓国に盛んにエールを。

   これに司会の加藤も「ボクは、野球はあまり知らないんだけど、互いにモチベーションが上がって行ったんでしょうね~。あんなに明るいんだという、イチローの別の一面を見た」と。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中