小沢代表は「狙い撃ちされた」 「そう思う人」は誰か

印刷

   <テレビウォッチ> 民主党の小沢一郎代表の秘書が政治資金規正法違反で昨日(3月24日)、起訴された。東京地検は異例の説明会見を開き、多額のカネの本当の出所を国民の目から隠した犯罪は「見過ごすことができない重大、悪質な事案」などと糾弾した。

ハードル下げて…

   しかし、こうした説明をしたこと自体が「東京地検の苦しさだ。(起訴の)ハードルを下げて、無理して捜査してる」と番組コメンテイターの鳥越俊太郎は声を張り上げる。

   続けて、これまでのコメントの繰り返し、いや集大成を開陳した。金額が少ない(これまでは1億円が目安)こと、収支報告書の記載もれ(ウラ金)ではなく、書き方の問題、どこからのカネという『認識』を問題にしたこと、なぜこの時期に――。云々。

   「これまでとは違ったやり方だ」「なんかやっぱり、小沢さんが特別に狙い打ちされたんじゃないか――」。正面切って検察批判を展開か、と思われた瞬間に、鳥越はすぐ言葉を足した。「そう思う人もいるだろうと思います」。『そう思う人』に鳥越自身が含まれているのか、それはわからないのである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中