「産休直前」佐々木恭子アナ 「エイズ」テーマに本出版

印刷

   フジテレビの佐々木恭子アナ(36)が本を出版した。タイトルは「それでも、笑顔で生きていく。」(扶桑社、1365円)。2009年3月25日、出演番組「とくダネ!」の中で小倉智昭が紹介した。

   佐々木アナは今週いっぱいで産休のため同番組を「卒業」する。小倉は、「とくダネ!」をやめて、それでも…という訳じゃないよね、と佐々木アナにふる。佐々木アナによると、チャリティーキャンペーンの一環として、HIV・エイズについてアフリカやパプア・ニューギニアなどを取材した経験をまとめた本だ。取材を通して感じたことや裏話を書いている。

   「同僚」笠井信輔アナ(45)は、電車の中で読んで泣いたそうだ。感動的な内容なのかと思いきや、小倉によると、笠井が泣くと失敗作、という説もある。しかし、小倉は「大丈夫です。私が保証します」といい本だとアピールしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中