インパルス堤下敦 起床後、全裸になる理由とは

印刷

   お笑いコンビ インパルスの堤下敦が2009年3月27日のブログで、朝起きて、素早く身支度する方法について紹介している。

   僕の話題なので見ても面白くないかも、と前置きしたこの日の記事。堤下の起床後の行動が紹介されている。堤下は5~10分ほどで、家を出るための準備を済ませている。「これはなかなか早い方だと思います」。

   なぜ、そんなに早いのか。起き上がるとまず全裸になる。その後、歯ブラシを持ってトイレの中で歯を磨き、洗面台で口をすすぐ。そして、下着を身につけ、服を着て家を出る――ざっとこんな流れだ。もっとも、顔を洗うまで全裸で過ごすのは、次のような理由がある。

「最初に服を着てしまったら、歯磨きや洗顔の時に服を濡らしてしまったりします。
これは時間短縮したい人にとって一番無駄な事です。
逆に全裸なら拭くだけで済みます。
トイレでも脱ぐ必要がありません。
洗面台でボディラインのチェックも同時にできます」

   この一連の流れが、時間短縮につながるとのこと。そんな工夫で、忙しい朝もすんなり出発できて、快適な一日が過ごせるのだそうだ。

   ちなみに、リスクが一つある。それは「寒い」こと、ただそれだけなのだそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中