2018年 7月 21日 (土)

浅田真央VSキム・ヨナ WBCと「妨害」報道は影響したか

印刷

   <テレビウォッチ>フィギュア世界選手権。最終日の女子自由で、浅田真央への期待が大きかったが、ジャンプで転倒し残念な結果に……

ルールをまた変えてくる

   番組は、WBCで盛り上がった興奮を『日韓対決再び!』と題し、浅田と韓国で「国民の妹」とか言われているキム・ヨナの2人にスポットを当てた。

   今シーズンの2人は、2度の対決で1勝1敗の互角。やはり気になっていたのはWBCのゆくえ。大会前に浅田は「WBCは、自分もすごくパワーをもらえると思い毎日応援していた。自分も頑張りたいと思います」。

   一方、キムはWBCで日本に負けたことに、「すごく残念だった。今度は私が頑張らなければと思います」。

   ところで、ライバル同士の2人が闘志を燃やすのは当然だが、それ以上に闘志を燃やしているのが韓国のメディア。今大会でも、新聞には『今度こそ必ず日本を超える』という日韓対決を意識した見出しが。

   で、結果はキムの圧勝に終わったのだが、それを報じる新聞の見出しが『女王の即位式』とは!?

   今(3)月中旬、2月の4大陸選手権の練習中に、キムが「日本人選手に妨害された」という事実を捻じ曲げた報道が波紋を呼んだが、日韓対決もこうなると行き過ぎ。

   スタジオでは、いつも意表を突くことが多いコラムニストの勝谷誠彦が今回は……。

   「(日韓対決は)逆にいうと、ヨーロッパの白人の人達がじっと見ている。あれは貴族のスポーツ(?)で、お金がかかる。アジア人など相手にされていなかった。彼らも出てきますよ。下手をするとルールをまた変えてきますよ。それに負けないように2人には頑張って欲しい」

   選手だけでなく、やりたいようにルールをかえてくる横暴には、きちっと対抗できる指導者の政治力をつけることも……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中