2018年 7月 21日 (土)

「自民党がそうさせたと思う」 小沢秘書起訴でソーリが「危機感」

印刷

   春の特別2時間拡大SPだった3月27日の放送では、「小さな国会」も豪華2本立てとなった。だが、人選といいマニフェストといい、目新しさはなく、目を覆うとまでは言わないまでも、いつもよりも長い時間、視聴者をひきつけられたのか、ちょっと疑問である。

いまさら、そんなあ!?

   1本目は「お年寄り」「高齢化」問題を意識したマニフェスト。このジャンルは「政治」と並んで、番組の大黒柱である。三遊亭楽太郎と笑点メンバーがやってきて言うことには「全ての小中学校の1階に老人ホームを作ります」。

「国家のすべてを信じる気なくなる」

   老人施設不足を解消し、同時に世代間交流を促進する……一挙両得の狙いである。小さな国会において、「おじいさん、おばあさんを大切にしよう」的な提唱をするのは、しばらく前は、俳優で巣鴨のアイドルのえなりかずきの役と決まっていた。だが、どういう理由からか、最近は楽太郎に配役が交代したようだ。この法案は圧倒的多数で可決された。

   その余勢を駆る形で、壇上に立った太田光総理(爆笑問題)は「たとえミスでも、お金をちょろまかした議員は政界から永久追放します! 」と宣言。政治とカネがらみのマニフェストも立て続けである。

   違いといえば、ソーリが検察への不信感を多く口にした点だろうか。「検察が民主党の不利になるよう動いているんじゃないか…(と民主党は言う)。検察はなんでそんなことをしなければならないのかといえば、自民党がそうさせたんだろうとボクは思うわけ」

   「そんなことあるわけない」と自民党の平沢勝栄議員は一笑に付す。だが、もちろんそれで納得するようなソーリではない。その後にも「民主主義の危機」的な懸念を語るのだった。

   「役人は腐ってる、と政治家は言う。政治家もなんだかダークだぞ、と。そこへ持ってきて、(政治家の白黒を公正に)計るはずの検察がどう思うかで、政治家すらどうにでもできることになったら、政治不信どころか国家のすべてを信じる気がなくなる」

   この見解は、民主党の原口一博議員によれば、著名な政治学者であるジェラルド・カーティスがある新聞に書いたものと同じだそうである。そう聞くと、さぞかし説得力がありそうだが、いざ採決の結果は9対10で否決。国会議論開始前の時点では10対9で賛成が多かったのに、反対票が増えてしまったのだった。

   「ちなみに誰が……」と、異例の情報公開を求めたソーリ。裏切り者は元東京地検検事の郷原信郎と判明した。「うっかりミスも永久追放というのは、ちょっと私の主義に反する……」と郷原は釈明。「いまさら、そんなあ!?」とソーリが絶句したところで、お開きに。

ボンド柳生

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中