2018年 7月 21日 (土)

高さ制限無視したトラック 次々突っ込みドッカーン

印刷

   ネット動画サイト上ではさまざまな「対決」が見られるが、車大国アメリカともなるとそのスケールは桁違いだ。米国の動画投稿サイト「Break.com」の「Trucks Vs Bridge」で見られるのは、その名の通り大型トラックと橋の「対決」、いや大激突である。

   固定カメラの映像が、ノースカロライナ州ダラムの車道とその上を跨る橋を映し出す。と、そこに10台近くの大型トラックが次々と飛び込んでいくのだ。橋と荷台を破損しながら、粉塵をまき散らして走り去るものあれば、コンテナの上部が完全に壊れて橋に引っかかって止まり、バックで戻るもの、橋にすっぽりはまって抜けられなくなるものも。その様子はあまりにリアルなので、『フェイク』を疑う視聴者はほとんどいない。

   投稿者の説明では、橋には11.8フィート(約3.6m)の高さ制限があり、警告の標識もあるという。それにしては、橋の手前で減速する大型車両はほとんど見られない。投稿者の言う通り、「下を通ろうとして、はじめて橋の強さを知る」ドライバーが多いようだ。

   ところで、問題の橋の上には線路のような物体が見え、どうやら鉄道用の橋らしい。これは危なくないのかと心配になった当探偵社がさっそく最新テクノロジーを駆使して現地の状況(画像)を確認したところ、たしかにノースカロライナ州に該当する場所があり、上にあるのは線路のようだった。

   だがしかし、上空から見た映像では、線路は細切れになっており、現在は使用されてない模様だ。こんな橋は早くなくなればいいとドライバーの恨みも込めつつアタックしているのかもしれないが、いまのところ橋のほうは動じる気配はない。

OP・コンチーネ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中