2018年 7月 17日 (火)

Wink鈴木早智子 「報道をみて私自身もビックリ!」

印刷

   病院に救急搬送され話題となっていた、アイドルユニットWink(現在は活動休止中)の鈴木早智子が2009年3月31日のブログで、迷惑をかけたことを詫びている。

   鈴木は3月29日、自宅から救急搬送。「睡眠薬大量摂取か」と報じられ、騒然となった。そんな中、鈴木自身が出席した31日の記者会見によると、今回の経緯はこうだった。

   28日夜、以前から服用していた安定剤を飲んだがそのまま、眠れなかった。しかし、29日昼ごろ友人と電話している途中、眠気で意識が途切れてしまった。驚いた友人が119番通報した――ざっとこんな流れだったようだ。救急隊員が駆けつけたときには無事だったが、大事をとって病院に搬送。貧血と診断され、翌日には退院した。

   鈴木が31日に更新したブログでは、「皆さんに大変ご迷惑おかけしてしまい大変申し訳ありません」と騒動となってしまったことを詫びている。

「報道をみて私自身もビックリしてまして
報道が先に1人歩きしてしまった状況でした」

   現在では元気に仕事をしているとのこと。「安心してください」「本当にごめんなさいでした♪」。掲載された写真によると、笑みもこぼれ、無事な様子でいるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中