稲垣吾郎が「ブサメン」扱い 女子大生筆者も「ショック」の訳

印刷

   <マイフェアレディ>4月からTBS系で始まる「マイフェアレディ」はSMAPの稲垣吾郎や友近、森三中の大島美幸、はりせんぼん、木下優樹菜らが出演する新しい女性応援バラエティー番組である。今回はレギュラー放送を前に2時間のスペシャル版を放送した。

   おバカタレントとして活躍する木下は不登校になってしまった女子高生や友達が出来ないと悩む女性の相談に真剣に挑み、はりせんぼんは新宿歌舞伎町で人気のおなべバーに密着取材を試みた。友近は芸能人のマネージャーに担当芸能人に関する面白い回答が出来たら1問につき現金3000円を渡すクイズを出題。視聴者にとても近い目線のバラエティー番組になりそうだ。

   特に、身近な男性の言動が「ラブメン(○)」か「ブサメン(×)」かを判断するコーナーはいかにも女性が好きそうである。今回紹介されたのは3人の「ラブメン/ブサメン」。1人目はカラオケでサザンオールスターズの「いとしのエリー」を必ず歌い、「エリー」の部分をその場にいる女性の名前に変える男性。一時期流行した(らしい)ので実際にやったことある人もいそうだが……残念ながら「ブサメン」と判断された。

   2人目は散々高い料理を注文した挙句に1円単位まで割り勘にする男性。これは「ブサメン」なのも納得であろう。そして3人目はデートのときにワインの知識をひけらかす男性。ワイン好きの稲垣に対する皮肉なのだろうが、私も同じくらいのダメージを受けてしまった。なぜなら、我が彼氏もそうだからである。決して「ラブメン」な行動だとは思わないが自分の彼氏が多くの女性に「ブサメン」と判断されるのは……非常に複雑な思いがするので、本人には秘密にしておこうと思う。

のすけ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中