バッグの中にケータイ? あなたは狙われるかも…

印刷

   <テレビウォッチ>振り込め詐欺被害が減少傾向にある一方で、ひったくり被害が急増しているのだという。番組によると、2009年1~3月、都内で発生したひったくりの被害は672件で、昨年同時期に比べて36%増。加藤浩次が言うように「不景気の影響」なのかもしれない。

ウエストポーチを

   女性が狙われるケースが圧倒的に多く、93.3%を占めるとのこと。理由は「走るのが遅く力も弱い」、そして「バッグに財布だけでなくケータイも入れていて、すぐに110番できない」(安全生活アドバイザーの説明)から。

   安全生活アドバイザーが挙げるひったくり予防策は、歩いているとき車道側にバッグを持たないこと、最寄り駅から自宅までの帰宅経路など、人の目が少ない危険スポットでは、歩きながら音楽プレーヤーやケータイは使わないこと(危険を察知する耳や目をふさぐことになる)、など。

   そこで、コメント陣おススメの対策はというと、「海外旅行でよく使うウエストポーチを持てばいいのでは」(テリー伊藤)、「日本の女性は声を出さずに呆然としている人が多い。ニューヨークのおばさんたちは気配を感じたときから叫んでいる」(ロバート・キャンベル)、「私は、バッグを片手で持たないし、お財布の中に殆どお金を入れていないし、キャッシュカードも入れない」(おおたわ史絵)。

   ちなみに、ひったくり被害の多い都道府県上位(去年)は、1位大阪(3564件)、2位千葉(2237件)、3位神奈川(1995件)、4位東京(1983件)5位愛知(1758件)だそうだ。都市圏の方はとりわけご注意である。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中