中野美奈子アナ「目が点」 番組ボスの愛のムチ?

印刷

「とくダネ!」(フジテレビ) 2009年3月30日 8時~

   産休の佐々木恭子アナと交代するかたちで、3月30日から新加入したナカミーこと中野美奈子アナ。もともとチームが出来上がっているところに入るのは大変だが、そのボスがワンマン司会の小倉智昭だからなおさらだ。小倉は、アイドルアナが嫌いなのか、自分は「めざましテレビ」の大塚範一ほど甘くないぞということなのか、初日のオープニングでナカミーにこれからは「中野」と呼ぶからと宣言(佐々木恭子は「恭子ちゃん」だったのにナカミーは「中野」って…)。ただでさえ緊張していたナカミー、小倉の先制パンチを浴びてすっかりおとなしくなってしまった。
   その後、本番は無難に進み、残すは「きょうの占い!血液型選手権占い」のみに。先週まではクマ(O)、イヌ(A)、タヌキ(B)、キツネ(AB)の血液型別動物キャラがトラックを1周し、その日の順位を決定していたが、このコーナーもリニューアルし、キャラたちがあみだくじで勝負することになった。ところがこのあみだくじがいけなかった。1位以外が隠されているのはなぜだ、と小倉が文句をつけ始めたのである。先輩の笠井信輔アナが大慌てでフォローしていたが、小倉の怒りを目の当たりにしたナカミーの目は点に。
   驚いたのは翌日の放送であみだくじが小倉のいうように改良されていたこと。仲良しクラブのような「めざましテレビ」からこの独裁番組に異動しアイドルアナがどう変わっていくのか、見ものだ。

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中