中野美奈子アナVS眞鍋かをり 草食系男子がいいのか肉食か

印刷

   <テレビウォッチ> お笑いコンビ「品川庄司」の品川ヒロシ原作・監督の「ドロップ」が思いがけないヒットを記録。現実世界では絶滅寸前の『不良』が映画のなかでは跋扈しているという。番組によると、いまエンタメ界ではそういう「ワル(い)メン(ズ)映画」がブームで、若い女の子に支持されているんだそうだ。

小倉:肉だろう、ニクだろう!

   この状況に、「わたしは男として危機感を持ちました」と、ジェンダー色を打ち出す笠井信輔アナ。草食系男子な笠井の分析では、いま草食系男子が増えているが、こうしたワルは肉食系男子なんであり、やっぱり彼女たちは肉食系に惹かれているのである。

   「3年前ぐらいから、そう思ってました……草食系男子(が多くて、物足りない)」と笠井説に同意する中野美奈子アナ。「そうかなあ。わたしは草食系のほうがいいと思いますけどねえ」コメンテイターの眞鍋かをりは首をひねるが、「いや、絶対肉食がいいですよ」と中野も譲らない。

   そこに司会の小倉智昭が割り込んできて、「肉だろう、ニクだろう!」と叫ぶ。不仲説もささやかれる新コンビだが、ここでは珍しく意見の一致を見たようだ。あるいは、逆に中野のニク好きを皮肉ったのか。どっちにしろ、2人とも見た目に肉厚なタイプではある。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中