ベイスターズ初勝利 内川選手「下向いちゃいけないね!」

印刷

   先のWBCでも大活躍だった、「横浜ベイスターズ」内川聖一選手が2009年4月10日のブログで、チームの初勝利に安堵の心境を綴っている。

   ベイスターズは開幕以来、泥沼だった。決定力が不足し、投手陣も粘れず6連敗。悪い流れが続いていた。そんな中、内川選手は同日のブログで試合前、「下向いちゃいけないね!」と力強く書き込んだ。いわく、何度こけたとしても這(は)い上がりたい、と。

   これまでは確かに、「凡退して下向いて三振して下向いて点取られて下向いて・・・」と消極的になっていたようだ。そんな様子をみたある人が、内川選手に対して、「男としてどうなんや」と激をとばしてくれたんだとか。

   こうした激励もあって、この日の試合は打線もつながり9得点。エースの三浦大輔投手も8回1失点と好投し「泥臭くみんなで繋いで番長が抑えてって最高の形だったんじゃないかな?」とチームの初勝利を喜んでいる。

   もっとも、1勝に満足しているわけではない。「勝って兜の尾を締めよ」と、内川の気持ちは次の試合に向けられていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中