途中の「何だかな…」も吹っ飛ぶ 意外な結末が気持ちいい(フィッシュストーリー)

印刷
(C)2009「フィッシュストーリー」製作委員会
(C)2009「フィッシュストーリー」製作委員会

   <フィッシュストーリー>物語は今から3年後の2012年、彗星の地球衝突まで残り5時間を切った街から始まる。1975年に鳴かず飛ばずのパンクバンド『逆鱗』が最後に出したレコード『FISH STORY』を通し、主に四つの時代を交互に話が展開していく。

   そのため、なかなか登場人物に感情移入することができない。人によってはストレスをためながら見ることになるかもしれない。また、その構成上、登場人物の障害、葛藤までもが時代ごとに分散されてしまい、力を失くしてしまっている。その点で、人間ドラマとしては不十分といえる。

   しかし、四つの時代が綺麗に繋がった意外性に溢れる結末は、そんな欠点をカバーするだけの力がある。見終えたあと、上映中に感じていたストレスはある種の快感へと変わっていることに気がつく。同じ伊坂幸太郎原作の映画『アヒルと鴨のコインロッカー』のスタッフとあって、原作者の気持ちが良く理解できている。

   また、原作では耳にすることのできなかった音楽が楽しめるというのは、映画における強みだろう。パンクバンド『逆鱗』の音楽が存分に味わえるし、映画全体においても観客を魅きつける効果を発揮している。

   この映画は人間ドラマとしての力不足を、意外性のある結末や音楽の効果で補っている。もし人間ドラマとしてもきちんと成立していたら、近年稀に見るすごい映画になっていたかもしれない。

   ちなみに、劇中に『リンダ・リンダ・リンダ』、『リアリズムの宿』の監督・脚本コンビ山下敦弘と、向井康介がなぜか俳優として出演しているので、探してみるのも面白い。

野崎芳史

   オススメ度:☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中