2018年 6月 18日 (月)

五輪招致「今のところ東京有利」 テリーが挙げた根拠とは

印刷

   <テレビウォッチ>2016年五輪招致のための東京PR作戦が正念場を迎えている、と番組は伝える。IOC(国際オリンピック委員会)の評価委員13人が、きのう(4月14日)来日したのだ。評価委員は候補都市を視察して報告書をまとめ、それを判断基準として100人のIOC理事が開催地を決めることになる。

確率は?

   東京の売りは「コンパクト五輪」「エコロジー」らしい。競技施設の97%を半径8キロ内に集め「移動距離を短くしてCO2排出量を少なくする」(東京招致委員会)という。そして、選手たちの送迎には次世代のハイブリッドバスを使う。評価委員たちもこのバスに乗って都内を視察しているようだ。彼らの手元には「東京の水道水」入りのペットボトルが配られている。

   石原都知事は「久しぶりに緊張している。こういう戦いは神経をつかう。イチローの気持ちがわかる」と話す。

   東京のライバルは、シカゴ=オバマ大統領の地元、リオデジャネイロ=初の南米開催となる、マドリード=市民の支持率90%と、それぞれ強力要素をもつ。

   それでもテリー伊藤は「今のところ東京有利」として「コンパクトで地球環境にやさしいという考え方でCO2を出さないことが大きい。住みやすく治安がいいとか、日本在住外国人の東京に対する満足度が高い」と、その理由を挙げる。

   加藤浩次から「東京開催の確率は?」と聞かれた江田けんじは「さあ。シカゴか東京か5分5分くらいか」と答えた。

   石原知事の悲願が実るかどうか。開催地は10月に決定されるそうだ。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中