加藤紀子 4桁の数字に苦しむ

印刷

   タレントの加藤紀子が2009年4月15日のブログで、「ナゾの4桁」についてユニークに紹介している。

   雲一つなく晴れわったったこの日。あんまり気持ちがよかったものだから、随分と乗っていない自転車に乗ることを思いついた。まずは、ぺこぺこになっていたタイヤに空気を入れることからはじめた。ちなみに、店主が諸々をチェックしてくれて、お代は100円だったとか。

   で、午後。さっそく自転車にまたがって行こうとするも、一大事が起きた。つまり、「鍵用ナンバーを忘れ」てしまったのだ。鍵は4桁の数字をそろえるベーシックなタイプ。「4桁の数字。多分お気に入り。忘れないぞ!と決めた数字」だったというのに……。

   鍵と格闘する羽目になってしまった加藤はまず、自分の誕生日で試すも開かない。続けて、1・2・3・4もダメ。4・6・4・9(ヨロシク)もダメ。しまいには、2・9・2・9(肉・肉)とか、5・9・5・9(ゴクゴク)、9・8・4・1(悔しい)などと冗談半分にやったものの、鍵は一向に開かなかった。

   「って、なんで覚えてないかな?私。かれこれ2年ぐらい乗ってないから、記憶からもう卒業してたんだね」。結局、せっかくの快晴だったが、車で出かけることとなってしまった加藤であった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中