中野美奈子アナが攻撃対象に 「なんで私なんですか?」

印刷

   <テレビウォッチ>インターネット放送局の天草テレビが話題になっていると、得もり担当の笠井信輔アナが紹介する。そこでは、世界最高齢の現役女子アナが活躍しているというのだ。105歳のシノちゃんに、92歳のツルちゃん、85歳のミッちゃん――。

ヒドい

   彼女たちの仕事ぶりを見終えて、司会の小倉智昭は言う。「笠井君がなんでこのニュース選んだか、わかった」。その心は? 「アナウンサーの条件は滑舌だけじゃないんだってこと」

   解説しよう。これは笠井の滑舌の悪さを遠回しに皮肉ったコメントである。笠井は「ちょ……」「あの~」と言ったきり、二の句がつげずに苦笑。ようやく気を取り直し、段取り通りにアナたちのプロフィルを解説しはじめた。だが、その舌はオグラの影響を受けて、黒く染まっていたようだ。

   シノちゃんは(自称)アイドルアナ。「中野さんみたいなもんですね」。中野美奈子アナを引き合いに出し、「中野さんも年取ってきちゃったけどね」とオグラ風な一言を付け加える。

   「それいらないです」(中野)、「ヒドい」(眞鍋かをり)とのブーイングに、「攻撃されたら、誰かを攻撃しないと気が済まないんです」と答える笠井。

   「なんで私(が攻撃の対象)なんですか?」。中野は納得がいかない。オグラに頭が上がらない者が女子アナを叩く朝であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中