新潮「ダマされた」論を検証 その「言い訳」は通用するか(「朝日襲撃虚報」上)

印刷

   スクープ一転、大誤報。4月16日発売号で『週刊新潮』は、4回にわたって連載した「朝日新聞阪神支局襲撃犯の告白」が嘘だったことを、早川清編集長名で認めたが、これは近年希に見る週刊誌界の大不祥事といっていいと思う。

   これは、朝日が1950年9月27日付け夕刊に載せた、完全でっちあげ「伊藤律単独会見記」が、新聞史に汚点を残す大不祥事だったことを思い起こさせる。

私が編集長だったら

   そこで、新潮が、島村征憲なる男の口から出任せのいい加減な話を、なぜ信じて掲載してしまったのかを、お詫び記事を参考にして「検証」してみることにする。

   この記事の取材は、私が聞いているところ、早川編集長と編集部員の極秘プロジェクトだったようだ。では、私が編集長だったら、島村からのたれ込み、直接インタビュー、裏付け取材をどう判断しただろうか。

   まず、2007年11月に、網走刑務所に服役中の島村なる男からの手紙に、阪神支局襲撃事件のことである「116号事件です」とあり、「僕自身が関与し実行した事件の数々を封印したままにして、去り逝くのを良しとするのか」という思わせぶりな書き方に、新潮でなくとも関心を持たない編集者はいないだろう。

   新潮と島村の文通が始まったのは当然である。3か月後の08年1月に、記者が島村と面会する。翌日の面会で、島村は、「朝日新聞の一連の事件は自分の犯行。赤報隊の犯行声明は、右翼の故・野村秋介氏に頼んだ」と話す。疑いながらも、もしやの期待を抱かせる、うまい話の持っていきかたである。

   その後、記者は島村から50通もの手紙を受け取る。中には、犯行時の様子を、「水平二連の銃口を見て、声を出そうとして口をパクパクさせたが、声にならず、同時にボクの銃口が火を吐いた」と書いてくるから、編集部の期待はますます高まったことは間違いがない。

   今年1月、出所した島村を、網走にわざわざ迎えに行っているから、彼を囲い込んで、話をさせようと意気込んでいることがわかる。

「部数増」焦っていたのでは

   ここまでは、私が編集長であっても、部員に命じて、やらせていただろう。

   島村は、金銭の要求はしなかったというが、ここが要チェックポイントである。出所したばかりで、ほとんどカネがない男が、なぜ金銭を要求しないのか。告白することによって得することはほとんどない。自分が殺したという朝日新聞記者への慚愧の念からにしては、手記を読む限り、心の底から自分のしたことを悔いているとは思えないから、ここのところを十分納得いくまで話を聞けと、指示するだろう。

   3日間にわたってインタビューを重ねたそうだ。これまで実行した事件。この襲撃を持ちかけてきたのは、在日アメリカ大使館職員。銃も弾も、彼が用意した。阪神支局襲撃は、マモルという若い衆と一緒にやったが、マモルは既に自殺している。阪神支局襲撃時、「緑色の手帳」を奪ってきた。犯行声明文を考えてくれたのは野村秋介氏だというが、彼も亡くなっている。若い時分、児玉誉士夫氏のところにいたとするが、彼も既に亡い。

   この後に、新潮側と島村の一問一答が載っている。当然ながら、その中で、一番有力な物証となる手帳について聞いている。すると「後日見せますけど」と、言葉を濁している。

   ここで記者は、「島村氏の証言を『事実』とも『嘘』とも証明できないまま3日間が過ぎた」と、正直に述懐している。

   この報告が上がった時点で、編集長が指示することは一つしかないはずだ。「島村がいっている証拠品、事件に使った散弾銃、手帳、使用したコートや手袋を見てきてくれ」

   証拠探しを懸命にした様子が書かれているが、見つからない。記者は「『証拠品』がない。それは厳然たる事実だった」と書く。

   この時点での判断は、部数が安定しているときであれば、さほど難しくない。見つかるまで継続取材である。しかし、新潮だけではないが、大きく部数を減らしている中、何でもいいから、部数増に繋がるネタはないかと焦っていたのではないかと想像するが、それほど間違ってはいないはずだ。

下に続く

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中