千秋 「カラオケ、ぶっちゃけ脳トレっす」

印刷

   タレントの千秋が2009年4月16日のブログで、遊びについて語っている。

   このところ、10代後半~20代前半の友人と遊ぶことが多いという千秋は37歳。この日、まずはダーツを楽しんだ。昔はよくやっていたというが、「なんとか足も引っ張らずにやっています」。

「つまり常にビギナーズラック状態を続けることによりダントツビリにならないというタレントならではの荒業を駆使して楽しんでいます、なんとか」

   もっとも、1ゲームやっただけで腕は筋肉痛だ。それでも、みんながやめようというまでやり続ける、と根性を見せる。罰ゲームの「マズイ」ジュースも飲まずにすんだとか。

「しかし心のどこかであの罰ゲーのくそマズイジュースを飲んでとびきりのリアクションをしてもいいなあとかチラリと思ったり思わなかったり」

   続いて、カラオケ店へ。一番の悩みは選曲だ。「だってプリプリとかレベッカとか聖子ちゃんとか歌いたくても歌えないもの」「もっと言えば花の子ルンルンとかラムのラブソングとかプリキュアとか歌いたくても歌えないもの」ともらしている。「声より頭を使うカラオケ、ぶっちゃけ脳トレっす」とおどけていはいるものの、遊びを満喫した千秋であった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中