気象予報士の「辛い中継」 キャスターの予言と映像ダウンの関係

印刷

   <テレビウォッチ> 「今日は辛い思いをさせてやろうかなと思ってます」。「あまたつ」こと天達武史・気象予報士が全国各地の気象ネタを探訪する「めざせ!天気の達人」コーナーの冒頭で、小倉智昭はにやついていた。

今日は辛い思いを…

   中野美奈子アナら、フジテレビ局のアナウンサー陣には、ときどき取引先相手に接するような気遣いを見せるオグラだが、番組リポーター陣に対しては、ほぼいつも上役感覚である。なかでも、オグラの直属部下的な存在があまたつ。だから手出し、ダメだし、遠慮なし。

   そんな上司オグラは今回、あまたつを15mの雪の壁で知られる立山黒部アルペンルート(本日開通)に派遣した。吹雪で荒れる現地からのナマ中継で、あまたつを存分にいじってやるつもりなのだ。

   「あまたつ!」。オグラはうれしそうに呼びかけた。だが、吹雪のせいか、オグラのテレパシー能力が効いたのか、中継映像が突然ダウン。事前収録の短い映像と、途切れがちな電話によるリポートという、オグラの希望通りのツラい中継となった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中