三国志ファンに怒られる? あえて言う「ラスト」への不満(レッドクリフPartII)

印刷
(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All Rights reserved.
(C)2009, Three Kingdoms, Limited. All Rights reserved.

   <レッドクリフPartII ―未来への最終決戦―>80万人の大軍勢で迫り来る曹操(チャン・フォンイー)の魏軍に対し、劉備(ヨウ・ヨン)軍と孫権(チャン・チェン)の呉軍による連合軍はわずか5万人。

   しかも曹操の策略によって疫病を蔓延させられた連合軍陣営からは劉備の軍が撤退し、絶体絶命の窮地へと立たされてしまう。しかし、それでも周ユ(トニー・レオン)と孔明(金城武)は起死回生の知略を張り巡らせていく……。

   前作「レッドクリフ PartI」の戦闘シーンは一騎当千の武将たちによる大立ち回りだったのに対して、今回は大量の人員を投入した大合戦がメインになっている。降り注ぐ大量の矢や火炎玉に立ち向かっていく連合軍兵士たちの見事なやられっぷりには思わず身震いしてしまうし、クライマックスの海上戦では、大量の爆薬を使った大爆発の連続。PartIに引き続き、映画館の大画面で見てこそと思わせる出来だ。

   ストーリーとしては原作である三国志演義にある程度沿って進んでいくのだが、ところどころで変更し、誰にでも見やすいエンターテイメント作品に仕上げようとしている。それ自体はいい試みだと思うが、かの有名な呉軍の将軍・黄蓋による苦肉の策もなぜか周ユによって不採用となり、少し拍子抜けしてしまった。そして、ラストシーンでは思い切って三国志演義の筋書きをぶっ壊してしまってもよかったのではないだろうか。

   そうすると、もちろん賛否両論巻き起こりそうだが、あのラストだとどうしても消化不良で、思わず首を傾げざるを得ない。三国志という壮大な物語の一部分だけを抜き出し、ひとつの作品として仕上げるのはかなり困難な作業であったと思う。しかし、巨匠ジョン・ウーだからこそ思い切ったことをしてみてもよかったのではないだろうか。

ジャナ専 ぷー

   オススメ度:☆☆☆

日本ジャーナリスト専門学校プロフィール

日本ジャーナリスト専門学校
通称ジャナ専。東京都豊島区高田にあるマスコミの専門学校。1974年の開校以来、マスコミ各界へ多くの人材を供給し続けている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中