消防車「10万円から」でオークション 買った後はどうすればいい?

印刷

   <テレビウォッチ> ネットオークションにとうとう消防車が登場した。出したのは群馬県みどり市。真っ赤な完全装備の消防車から、レポーターの吉田豪が消防士姿で降りたって、「こちらです」。

ダメでしょう

   2トンの水槽つきで、放水銃もついているし、桜をかたどった市のマークもついたまま。とにかくピッカピカという感じ。ただ、緊急車両ではなくなるので、赤色灯やサイレンなどははずすらしい。

   1989年に旧笠懸町が購入したものだが、20年経っているので、2007年に合併してできたみどり市が放出に踏み切った。吉田が「赤江さんでも買えるんですよ」という。

   赤江珠緒が「えー、公道を走れるんですか」

   「緊急車両でなくして、車検を通ればだれでも乗れます」

   肝心の「お値段は?」

   購入したときの価格は1735万円だが、今回の最低価格はなんと「10万円」

   スタジオは異口同音に「安い」。みんなうれしそうだ。本当に安いのか?

   吉田はここで、「消防車としての機能を証明しないといけません」と、実際に放水を始めた。もの凄い水量で、慣れない吉田はぐらぐら。これに放水銃も加わって、広場の一郭に立てた標的の「火」を、あっというまに「鎮火」してみせた。

   小木逸平がたちまち悪のりして、「火災現場にボランティアで駆けつけたら?」

   「ダメでしょう」「そりゃぁダメだろう」と赤江と鳥越俊太郎。

   「免許証は?」「普通免許でいいそうです」「ほー」(07年の法改正以後の免許では、中型になるという)

   そのYahooの官公庁オークションは、入札参加申し込みが5月12日まで。5月26日から始まるのだそうだ。いったいどうなることやら。財政難の自治体あたりが安く購入して、消防車として活用するのがいちばんいいのかも。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中