お笑い「じっくり」見たい でも「時間長め」だけじゃダメ

印刷

   NHKの「サラリーマンNEOシーズン4」。ステイ・ハングリー、ステイ・フーリッシュと旗を掲げた。

   じっくりコントを見せる人気シリーズだ。生瀬勝久やセクスィー部長・沢村一樹、中越典子、宮崎美子らが様々なコントを披露した。寅さん風の出張はつらいよ、とかバイク便で来た女性が「サンキュー」しか言えなくて困ってしまう話など結構笑えた。

   やはりお芝居がしっかりしている。主役級でない人たちもしっかり支えていて完成度が高い。芝居へのこだわりが伝わってきて、とても見やすい。さすがです。

   前回と前々回に紹介した番組も、このNEOに触発されたものだろう。レッドカーペットやエンタの神様のような細切れ主義でなくじっくり見せよう、と。そういう大きな方向性は同じなのだけど、ちょっとの作り方の違いで結果は大きく差が出ている。この番組は、分かりやすく、丁寧につくろうとする志がある。その結果、展開が自由で見ている方も気持ちがいい。単に売れっ子を連れてきて、時間を長めに割けばそれでいい、とはいかない訳だ。

      鮮やかさ 待ってましたと 声も出て

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中