3万円で釣ればいいってもんじゃ… 視聴者参加と質問のレベル

印刷

「サプライズ」(日本テレビ) 2009年4月17日 19時~

   月~金の19時台に放送される4月スタートの生放送バラエティ番組だ。金曜の曜日MCは爆笑問題で、曜日タイトルは「評決クダル!」。視聴者投票システムを使って民意を問うというものだが、ようするにゲストが視聴者にどう思われているか、というイメージ調査を生で行なうもの。この日のゲストは石田純一、梅宮アンナ、NON STYLE、高橋英樹、土田晃之。たとえば石田純一なら「石田純一とつきあう女性はA.見る目がある B.見る目がない」、梅宮アンナなら「梅宮アンナはA.見る目がある B.男運がない」、高橋英樹なら「高橋英樹はA.浮気したことがある B.浮気したことがない」など。これらの設問に対して、視聴者は携帯電話やパソコンなどから参加することが出来て、生投票した視聴者の中から抽選で10人に3万円が贈られるという。
   生放送をいかした投票システムは面白いとは思うのだが、問題はその中身。よくもまあこんなくだらない質問をという低レベルの質問ばかりでがっかりだ。どうでもいいようなタレントのイメージ調査などに興味を持つ視聴者がいると思っているのだろうか。それよりも、せっかく爆笑問題が司会をしているのだから、太田お得意の社会や政治問題に斬り込んだほうがまだましだ。
   もっとも、それでは20時からの後番組「太田総理の私が総理になったら…秘書田中。」と差がなくなってしまうが。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中