2018年 7月 22日 (日)

「ずっとこの会社」55% 「過去最高」が意味するもの

印刷

   <テレビウォッチ> 司会のみのが「これは面白い」と取り上げたのが、読売新聞朝刊に掲載された新入社員のアンケート調査の記事。

みの:ずっと居ようかなと…

   日本生産性本部が、入社ホヤホヤの新入社員2348人を対象に行ったアンケート調査の結果、「今の会社に一生勤めたい」と答えた人が55.2%に達した。

   これは、昨2008年の新入社員より8.19ポイントの増加で、1990年に調査を開始して以来最高値という。

   同本部では「雇用不安の中で安定志向が強まっている現れ」と分析しているが、雇用が比較的安定していた高度成長時代はどうだったのか……

   みのが「柴田さんはTBSに定年までいるという気持ちで?」に、TBS解説委員の柴田秀一は「定年までいようと思って入ったかどうかはともかく、この仕事をずっとやりたいと思っていましたね」と。

   続いてみのが「嶌さんは?」に、毎日新聞からフリーに転向、現在は白鴎大教授の嶌信彦が「僕もずっといると思っていましたよ。それが突然変わっちゃった」。 

   で、文化放送に入社したみの本人は「僕もずっと居ようかなと思っていました。ただ、いずらくなったので辞めたんですけど~」と語り、スタジオは大爆笑。

   今と違い、辞めてもどこからか口がかかる余裕の時代だったということか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中